RSS Feed

自分マネジメント計画

コミュニケーションは職場を変える

11/01/2016

看護師として仕事をしている方は、今の仕事環境に満足していますか?仕事はスムーズに進めることが出来ているでしょうか。
人間関係に悩む看護師の多くは、「他の看護師との意思疎通が出来ず、仕事に影響が出ている」と感じているのではないでしょうか。実は、看護師の仕事は周りとのコミュニケーションが重要な仕事なのです。

看護業界における、コミュニケーションによる仕事能力向上のメリットをご紹介しましょう。
看護師の仕事は、一人がずっと同じ患者さんだけを担当するわけではありません。入院病棟の勤務であれば、夜勤の看護師と申し合わせとして、患者さんの昼間の状態などを伝えます。しかし、これらからの連絡がうまくいかず、患者さんにとって適切な処置が出来なくなってしまうことがあるのです。連絡が伝わっていない場合、確認作業に時間が取られ、患者さんに負担をかけてしまうことがあるでしょう。
それだけ、看護師同士のコミュニケーションは仕事にも大きく影響してくるということです。
看護師同士のコミュニケーションがうまく取れていれば、すぐに的確な処置をすることが出来ます。加えて、サポートをすることも可能でしょう。

コミュニケーションがしっかりととれている環境は、働いている看護師だけではなく患者さんにとっても安心です。看護師同士の関係が悪い場合は病院内の雰囲気も悪くなってしまうので、患者さんは不安を抱えてしまいます。

仕事能力を上げたいと考えているのであれば、まず看護師同士のコミュニケーションを見直してみてはいかがでしょうか。職場内だけではなく、時にはみんなで飲み会などを開くのも良いでしょう。日頃からコミュニケーションを取っておくと、仕事場でも良い関係性が築けるはずですよ。